DQ10 Activity Logs

ドラクエ10プレイログ

万魔の塔つまんない問題に関する所感

コンセプトが無双なのに爽快感がないってのがねぇ・・・

フィールド広すぎ

  • 敵が遠い・・・、味方も遠い・・・
  • 端にいる仲間にバフ(マジバリやピオ)が届かない
  • アイテム拾いで広いフィールド走り回るの楽しくないのよね
    • しかも拾ったアイテム役立ないし

タゲ指定が難しい、仲間同士でタゲ被りする

  • 仲間にターゲットが倒されて自分の技がキャンセルされるの楽しくない
  • 敵が多すぎて狙った敵にターゲッティングしにくくてストレス

移動干渉システムが万魔のコンセプトにあってない

  • ドラクエ10のバトルコンセプトは相撲で敵の手数を減らし有利な状況を作る
  • 多数の敵が相手では相撲して手数を減らすことができない
  • 敵が移動の障害物となるだけでプレイヤーに有利な要素がない
    • アイテム拾いしてると本当に邪魔

サポがガンガン行き過ぎ

  • テンツク相手に煉獄魔斬やめろ!

報酬がしょっぱい

  • いきなり継承したら弱くなってしまうアクセあってもいいと思う
    • 過去に大竜玉とかありましたし・・・
    • しかし、いきなり5種はつれーわ
  • 成長が全く感じられないという厳しさ
    • 最初は こうげき力とHP+3 を最大値にして、バージョンアップで こうげき力とHP+4 の合成効果を開放するという手もあったのではないか
    • それはそれで不満ブーブー出るだろうけど現状よりはマシな気がする

スコアわかりにくい

  • クリアするまで得点わからんの辛い
  • ボーナスも都度加算して表示して欲しい

二段階認証アプリをAuthyに変更した

Google Authenticatorなどの汎用の二段階認証アプリが使えるようになったらしい。

汎用の二段階認証アプリを使う最大のメリットは、複垢全てのワンタイムパスワードを同じアプリで管理できることでしょう。サブは二段階認証していないというプレイヤーも導入しやすくなったと思います。

私は以前からfacebookなどのログインにAuthyというアプリを使っていたので、そちらに統合しました。

Twilio Authy

Twilio Authy

  • Authy Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料
apps.apple.com

play.google.com

Authyの特長は複数のデバイスで利用可能なこと。スマホをなくしても別のスマホがあればそちらでもワンタイムパスワードが確認できます。また、スマホだけではなくPC版アプリもあるのでWindowsでプレイしている人は便利になると思います。

Authyは複数デバイスで有効にしておけばスマホ機種変更時にも面倒な手続きが不要で、スマホ1台しかなくても復元用パスワードを控えておけば機種変更後にも復元は容易(ただし電話番号が変わらないという前提)という便利なアプリです。

欠点は英語版しかないという事ですかね。

天獄「冥府と虚空の支配者」反省会

MPお題達成のためにバトマスで来る人が結構いたのだが、これは罠だった。

両ボスとも範囲攻撃が多いので、物理アタッカーが敵の周囲に集まったところで一気に殺されることが多々発生し、前衛壊滅とダメージ6万や会心のお題が重なるとほぼ失敗コース。

時間はかかるが魔法使いが複数いるケースが一番安定していた。魔法使いは分散するのでまとめて殺されないからである。物理アタッカー構成は上級者向きだろう。というわけで確実に勝ちにいくための正解は魔法使い2+武闘家1+デスマス1+僧侶1+自由枠3。

自由枠は

  • 火力上げの魔法戦士、接近不要の弓がいい
  • 各種サポート充実の踊り子、必殺がくればスーパーハイテンションのお題にも貢献可能
  • 安定性アップのための天地
  • 雨+遠距離火力の賢者
  • 隔離用のパラディン
  • 追加の武闘家or魔法使い

お題は

  • MPダメ300、たった300ポイントで45秒もあるので、デスマスと魔法使いのマホトラで十分
  • 会心or暴走8回、杖超暴走ゼロ/短剣毒暴走アップの魔法使いと武闘家の一閃改で楽勝
  • ダメージ6万、魔法中心でも十分可能
  • スーパーハイテンション、武闘家にお任せ

PS4からSwitchに移行した

PS4を処分し、ドラクエ10の環境をSwitchに移行した。PS4版に比べるとスペックの低さを感じる点は多々ある。

  • 描画の負荷の高いエリアに行くとフレームレートが60fps維持できない
  • バトルで一部のエフェクトが表示されないことがある
  • エリア移動やボスバトル開始前のスタンバイが他のメンバーより時間がかかる

などなど。フレームレート低下は魔界やアイテムを大量に置いた住宅村などが顕著。エフェクト欠けはデルメゼのジャッジメントブルーで発生することが多い。

バトルロード協力チャレンジバトル

モンスターの名前を手抜きしてキラーマシンキラーマシンとか名付けてる人が結構いるようですが、見た目と名前が一致しているのでザオラルなどのターゲットを探しやすくて良い。

しかし、キラーマシンという名前のキラーマシンがパーティに2体いたりするとどっちやねーん!となるので良いことばかりではなかった。

ムドーコイン

福引き券2900枚でムドーコイン8枚当選した。

ただしツールの100連を福引券50枚で6回引いているので、試行回数は3200回 。さらに18%の確率で補助券が当たるので、100回引くたびに追加で3〜4回引けることになる。追加4回とすると3328回になる。

さて、一等の確率は公式サイトで公表されており0.16%である。ただしチャンスモード時には約0.47%に上昇する。

チャンスモードの頻度は「6回から12回ふくびきをするうち1度」発生します。

色々な人の調査によるとチャンスモードは確率でランダムで発生するのではなく12回以内に確実に1回発生するらしい。平均するとかなり正確に9回に1回の割合で発生するそうだ。

 (0.0016\times8 + 0.0047\times1)\div9 = 0.0019

一等の当選確率は約0.19%、3328回引くと約6.3枚当たる計算になる。8枚当たったので期待値を上回ったようである。上出来。正確には福引補助券の当選確率もチャンスモードの影響を受けるはずだが大差ないので無視。そもそも福引き券2900枚の時点で 2.9 x 103 ぐらいの値なので細かい計算しても意味がない。

とりあえず持ち寄り1周して破片4つ。


ムドーは関係ないが、サブキャラの白紙と筆の消化でガルドリオンに行ったら初討伐だった。

f:id:paulownia:20210129012130j:plain

氷闇10回ぐらい合成してるのだが、一度も倒してなかったとは・・・

天獄・地獄のトリコロール

最初はお題の達成どころかあっという間に全滅してしまう有様だったものの、プレイヤーの慣れとはすごいもので、最後はほぼ負けなしでお題の完全達成も可能になっていました。

イーギュアには眠り、キラークリムゾンとネビュラスに幻惑が入るので当初は占い師必須と言われていましたが、占い師の代わりに盗賊、スーパースターでもOK。

盗賊ならばスリープダガーで眠り、スパークショットで幻惑を入れられます。スタン技も非常に有効。しかし武器持ち替えが頻繁に発生するのが欠点。

スーパースターはムチ装備で状態異常成功率を上げてラリホーマで眠り、スキャンダルまたはスパークショットで幻惑。眠り幻惑が入ったらボディーガードで守りを固めて相撲役をすると良い感じに戦えます。

状態異常以外ではパラディンでネビュラスを隔離しちゃう戦術もアリですね。

ネビュラスの耐久力が高くて時間がかかるので周回には向きませんが、各職業が持ち味を生かして戦えるパーティ同盟の楽しさが味わえる良いボスだと思いました。