DQ10 Activity Logs

ドラクエ10プレイログ

iPhoneのスマホツールで福引できない問題

バージョン3.5中期対応のiOSスマホツールがApp Storeのアプリ審査を通らないらしい。このためiOS版のツールでは福引が引けなくなっている。

Appleのアプリ審査といえば鬼のような厳しさで有名である。

たとえどんなに売上が大きくてAppleに多大な利益をもたらしているアプリでも、どんな世界的な大企業が作ったアプリでも容赦しない。実はドラクエ10スマホツールも売上ランキング上位のアプリで、App Storeの売上にもそれなりに貢献しているのだが、あの会社そんなことは一切考慮しません。何しろ売上ダントツトップのモンストだかパズドラだか知らんけど、ああいうビッグタイトルでさえ停止した前科がありますから。

さて、審査が遅れている理由はいくつか考えられる。

1. 開発が間に合わず、申請が遅れた

Appleの審査は通常8から10営業日ほどかかる。私が遊びで作っていた頃は3日もあれば公開されたのだが、最近は申請が多く、審査に時間がかかるらしい。

どうしても、という場合には特急審査という裏技があり、3から5営業日で審査が終わる。もし遅れていただけならば、もう公開されてもいいはず。ま、特急審査使いすぎて却下された可能性もあるけど。

2. ガチャ周りでリジェクト食らった

ガチャというか福引であるな。まずコンプガチャではないので日本の法律には違反しない。次に確率表示、あれは法律で決められているのではなく、ソシャゲ業界のガイドラインによる自主規制の一環、なので無くても問題にはならない。

ただまあ、福引に関しては自分も思うところがある。現状、福引券が余っており、1等や2等の商品がバザーで高額で販売可能である。スマホツールでたくさん福引を引くにはジェムが大量に必要である。って、これ実質RMTじゃねーの?と。まあ、Appleの審査には関係ない話である。

3. 単にバグってた

アプリ審査でバグが見つかると即リジェクトである。バグ修正がんばれー

4. バナーがApple様の怒りに触れた

スマホツール弄ってると広場等のお知らせがバナー表示される。あれが広告と勘違いされたという可能性。

Appleはアプリ内で独自の広告を出すことを許しておらず、Appleの広告プラットフォームの使用を義務付けている。んで、あのバナーが独自の広告と勘違いされてリジェクト食らったとのでは、という邪推。まあ、DQXショップとかへのリンクもあるし、広告っちゃ広告やな。見た目も美しくないのでAppleからのリジェクト理由にはなりそうな気がする。

ま、いくら推測しても答えは出てきませんけどね。真相は中の人のみぞ知る。何でもいいから早く福引引かせて